大阪Delaware Blanc 2019(予約)

  • 3,300円(税込)
本製品は準備ができ次第の発送になります。(1月中予定)

大阪府羽曳野市飛鳥産デラウェア100%
白(おりがらみ)
750ml王冠栓
アルコール度数10度
収穫日:2019年8月6日


2018年からお借りしている畑です。
二上山の麓あたりにある畑で、大昔の噴火による火山岩の白い土壌です。
レインカットにより農薬不使用で栽培しています。
長梢短梢と言われる一般的ではないもののこの辺りのデラウェア栽培で良く用いられる仕立てです。ざっくり言うとH字のように樹形に拘ることのない短梢仕立てです。

2018年から化学農薬、除草剤不使用。2019年からさらに無施肥。

2019年はクワゴマダラヒトリとの格闘が激化しました。前の冬が暖冬だったので沢山越冬したみたいです。大阪中の農家さんがこの害虫に悩まされました。来る日も来る日も手で取って周りましたが翌日には死ぬほど湧いてきました。この頃、妻との結婚式を挙げたのですが式の日も、その翌日も早朝から虫取りに行くことになってしまいました(笑)

さて、2018年は強樹勢に悩まされましたが、2019年は少し収まってくれました。また、前年の高頻度の摘心が効いたようです。花芽分化は新梢の元の方からスタートして先に先に進んでいき、摘心すると先端から戻ってくると聞いたことがあります。これによって1新梢に平均で4房つきましたので樹勢の調整がより容易になりました。この畑の管理が少し楽になったことから、奈良の畑により手をかけることができました。

山に近い方から虫の侵略を受けて相当花芽を奪われましたが、それでも2018年と同じくらいの量の葡萄を収穫できました。収穫は8月6日、8月13日、8月23日の3日に分けて行い、それぞれ別のワインに仕込みました。8月6日は大阪デラウェアブラン2019、大阪デラウェアスパークリング2019(未発売)に。8月13日はブリコラージュO2019に。8月23日の分は大阪デラウェアブラン遅摘み2019(未発売)、大阪デラウェアスパークリング遅摘み2019(未発売)にそれぞれなりました。

醸造は乾燥酵母で行い、途中で5%程度の遅摘み果汁を加えました。
味わいは早めに摘みましたが酸が際立つことはなく調和のとれた優しい味わいです。
おでんなんかに合うと思います。
澱が結構多いので予めご了承ください。
型番 WH-006
購入数

上部へ戻る